おしらせ

株式会社CDG代表取締役会長の藤井勝典にはかねてから、日本の将来を背負う子供たちに夢と希望を抱いてほしいという願いがありました。彼らこそが国の明るい未来を築く担い手だからです。ところが昨今の世相は政治的、経済的、自然環境的にも目前の問題対応に翻弄され、残念ながら、長い目から見た子供の精神的な成長という面での対応が十分とはいえません。
藤井は1974年にCDGの前身クリエートを創業し、以来セールスプロモーションから始まってマーケティング・ソリューション・カンパニーへと業容を拡大してきました。その間、常にビジネスの知恵を絞り、顧客との人間関係構築に励み、今日の年商百億円企業に至っていますが、そのよりどころとなったのは「心の経営、感謝の経営」であります。人間として正しい心をもち、感謝と謙虚の気持ちを忘れず、世のため人のために尽くす企業になろうと固く肝に銘じ、社員にもそれを実践させてきました。
しかし、「言うは易く行うは難し」です。学校教育を終え、成人した人間にいきなりその実践を願っても、打てば響くという柔軟さはなかなか期待できません。根気よく社員教育を行い、少しでもその理念に近づくべく日々、努力を続けています。
これがもしまだ柔軟な頭脳をもっている子供が対象であるなら、はるかに容易に理解され、自然と心の滋養となって深く沈潜し、以後、成人してからもその大いなる発露が期待できるのではないでしょうか。その意味で、「世のため人のため」に尽くした人物や偉人に幼少のころから親しんでもらい、高邁な生き方を知らず知らずのうちに身に着けてほしい。そうすることで将来成人したときに、実業家であれ政治家であれ学者であれスポーツマンであれ、何らかの形で日本の国づくりに貢献してくれるのではないか。そう藤井は考えました。
以上のような趣旨から今般、その具体的方法として幼児用の絵本やアニメーションを制作し、それらに親しんでもらう目的で、藤井の個人的な拠出金でもって公益財団法人「藤井財団」を設立した次第であります。そして、「世のため人のため絵本シリーズ」を刊行しました。子供の人間としての精神的な成長にささやかな貢献ができれば、藤井財団としてこの上ない喜びであります。