中村哲 | 公益財団法人 藤井財団

公益財団法人藤井財団


中村哲

「中村哲物語」乾いた大地を緑に変えた医師/Tetsu Nakamura



あらすじ

虫取りが大好きだった少年が医師となり、海外派遣を通じて新たな役目に気づき、アフガニスタンの人々を助けるために井戸を掘り、用水路を作った人生をアニメにしました。

昭和21(1946年)福岡市生まれ。昆虫採集にの山を駆け回る少年時代、祖母からの「弱い者をすすんで庇え」という教えが彼の人生に大きな影響を与えます。九州大学医学部を卒業し医師となった彼は、まだまだ偏見の残る社会でハンセン病治療にもあたりました。

昭和53(1978年)登山隊の登山帯の帯同医師としてパキスタンを訪問。のちにペシャワールに派遣され海外での活動を開始。その後、隣国アフガニスタンに拠点を移して地域医療にあたりました。

人々の命を守るのは医師としての仕事だけではないと感じた彼は、水の確保こそ健康な生活の根源で、仕事も生み出すという信念から数多くの井戸を掘り、地元の人たちとともに用水路を作りました。荒れ果てた土地に緑が蘇り、豊かな生活を取り戻すきっかけを作りました。

令和元(2019年)、活動中のアフガニスタンで残念ながら凶弾に倒れましたが、アフガニスタンの人はその死を心から悼み、その名を残すために切手も発行されました。中村哲さんの意志を継いだペシャワール会が支援活動を続けています。

再生時間: 15分

指導のコツ

指導のコツを携帯に送信し、子ども達に動画を見せながら、活用することができます。
URLを送信する

ご感想や授業で活用されている様子の写真など、お気軽にお寄せ下さい。
感想送信フォーム

他にもおすすめの動画

ページ先頭へ