読み聞かせ動画一覧 | 公益財団法人 藤井財団

公益財団法人藤井財団


読み聞かせ動画

動画を使って、子ども達に偉人たちの生き様を教えることができます。
藤井財団webサイトの活用方法

松下幸之助さん

松下幸之助物語 〜電気製品でみんなの暮らしを豊かに〜

1894(明治27年)、和歌山で生まれた松下幸之助が今回の主人公。お金持ちの家だったが、お父さんが事業に失敗。わずか9歳で故郷を離れ、大阪の自転車店で丁稚として働くようになった。幸之助はそこで商売の基本を学ぶとともに、人の優しさに触れた。店のおかみさんが写真屋に連れていってくれて撮ったツーショット写真は幸之助の宝物となった。

16歳のとき、大阪を走り始めた路面電車を見て「これからは電気の時代」だと直感し、自転車店から電力会社に転職。電気技師として働きながら夜は学校に通い、新型ソケットの開発にもあたったが上司には認められず、妻むめのと結婚後に独立。1918(大正7年)、大阪市福島区で松下電気器具製作所を立ち上げた。

ソケットに続いて自転車用ランプや電気アイロンなど次々にヒット商品を放ち、終戦後高度経済成長を経て、ラジオやテレビをはじめナショナルの名で知られる数々の家電製品は人々の生活を豊かにした。水道の水のように安い価格で商品を提供する「水道哲学」や、景気変動に耐えられるように内部留保を高める「ダム式経営」を唱え、経営の神様とも称せられた。

その一方で、幸之助は人づくりにも力を注ぎ、グループ企業のみならずPHP研究所や松下政経塾も立ち上げた。

再生時間: 12分


指導のコツ


ページ先頭へ